2年間のひも生活

20歳の頃から2年間、ひもとして生活していました。
大学を中退して、地元に帰る事もせず、ふらふらとフリーターをしていたころの事です。
偶然出会った5歳年上のホステスの女とデキて、そのまま彼女のマンションにいつくようになりました。
彼女からは生活費から小遣いまで一通りの面倒を見てもらっていました。
母性本能の強い女で、それなりにモテるくせに私の様なダメ男にハマる典型の様なタイプでした。
浮気をしようが、財布から金を抜こうが、最後には結局許してくれる、そんな相手でした。

僕のひも生活

僕は若い頃に、ひものような生活をしてたことがありました。
その当時は、自分よりも10歳以上もの年上の女性の所有しているマンションに棲みついて、生活していましたね。
女性の所有のマンションだったので、家賃の負担もなくて、食事も女性が作ってくれたのでとりあえず、寝るところと食べるものには困りませんでした。
やっぱりひもになるなら、できれば年上の女性がいいかもしれませんよ。
大人の女性のほうが余裕があるので、いろいろと優しくしてくれますからね。